ブログ

英語でオリンピックの話をしましょう

中級, 単語, 文化
Olympic running

この2年間、洞窟の中で暮らしていた人でなければ、2020年のオリンピックが今、日本で開催されていることをご存知でしょう。このような大きなイベントは通常4年に一度しかありませんので、この機会に英語でオリンピックについて話してみましょう。

オリンピックの準備は、ギリシャからオリンピックの炎を運ぶ聖火リレーから始まり、開催国を回った後、いよいよ開会式に到着します。今年のオリンピックにおける日本の最後の聖火ランナーは、テニスの大坂なおみ選手で、開会式の最後にオリンピックコルドロンに点火し、正式に試合開始を宣言しました。

今年は205カ国から11,000人以上のアスリート(+IOC難民オリンピックチーム)が来日し、33スポーツ50競技339種目で競い合いました。各種目の上位3名の選手またはチームがメダルを獲得し、1位が金、2位が銀、3位が銅となります。彼らはそれぞれ表彰台に立ってメダルを受け取り、最後に勝者の国歌が演奏されます。

COVID-19のパンデミックで、今年のオリンピックは少し変わったものになりました。東京の会場には観客がいません。表彰台の勝者はマスクを着用しなければなりません。選手は競技をしていないときはオリンピック村にいなければなりませんし、最終種目が終わったら48時間以内に日本を離れなければなりません。

しかし、オリンピックはスポーツファンにとってエキサイティングな時間であることに変わりはありません。世界記録が更新され、メダルが獲得され、番狂わせやサプライズが起こります。普段テレビでは見られないような小さなスポーツをたくさん見ることができます。

あなたは今年、どのスポーツを楽しみにしていますか?もし、あなたが今年のオリンピックを楽しんでいるなら、英語で話してみてはいかがでしょうか?

Vocabulary

torch relay (n) – 聖火リレー

Olympic flame (n)  – 聖火

opening ceremony (n)  – 開会式

torchbearer (n)  – 聖火ランナー

Olympic cauldron (n) – 聖火台

athlete (n) – 選手

compete (v) – 競争する

event (n) – 種目

discipline (n) – 競技

medal (n) – メダル

gold (n) – 金

silver (n) – 銀

bronze (n) – 銅

podium (n) – 表彰台

national anthem (n) – 国歌

spectators (n) – 観客

venue (n) – 会場

world record (n) – 世界記録

upset (n) – 番狂わせ

英語でケーキを焼きましょう

私は甘いものが好きなのですが、日本に住むイギリス人としては、日本のケーキやスイーツは、私が故郷で覚えている焼き菓子ほど美味しくないことがあるのです。私の好きなケーキやデザートの中には、日本では手に入らないものもありますし、たとえ手に入ったとしても、見つけるのはとても難しく、買うとなるとさらに高価なものになります。そこで、今年の私の新しい趣味のひとつは、お菓子作りを学ぶことです。

もちろん、イギリスの最高のレシピはすべて英語で書かれており、英語のウェブサイトで見つけたり、ママから盗んだりしています。私はそれでいいのですが、もしあなたが英語を第二言語として学んでいるのであれば、英語のレシピを使うことは問題になるかもしれません。レシピに使われている多くの単語は、他の文脈では全く異なる意味を持ちます。例えば、「beat」という言葉を使ったら、ドラムを叩くという時にも使えて、アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドを破ったときにも使うことができます。しかし、卵も「beat」することもできることをご存知でしょうか?卵を「beat」といっても、叩いたり倒したりするのではなく、フォークや泡立て器で素早くかき混ぜるのです。つまり、泡立てるのです。

このような単語は他にもたくさんありますので、お菓子作りの冒険に役立つように、英語のレシピに出てくる一般的な単語をリストアップしてみました。

動詞:

  • bake – (オーブンで) 焼く
  • beat / whisk – フォークや泡立て器で素早くかき混ぜる – 泡立てる
  • boil – 煮る
  • brown – きつね色になるまで焼く
  • chop – 切る
  • dice – みじん切りにする
  • dredge – まぶす/ころもをつける
  • dust – ふる
  • flour – (台/ケーキ型に)小麦粉をふる
  • fold – 切るように混ぜ込む
  • fry – 炒める
  • grate – おろす
  • grease – (ケーキ型に)油をひく
  • knead – こねる
  • line (with baking paper) –  クッキングシートを敷く
  • melt – 溶かす
  • mix – 混ぜる
  • pour – 注ぐ
  • (let) rise – 発酵させる
  • roll out – 麺棒で伸ばす
  • sieve / sift – ふるう
  • simmer – コトコト煮る
  • slice – スライスに切る
  • spread – 塗る
  • stir – かき混ぜる
  • tip into – 移す

名詞:

材料:

  • caster sugar – 上白糖
  • clotted cream – クロテッドクリーム
  • double cream – 乳脂肪分が47%ぐらいの生クリーム
  • dough – 生地
  • icing sugar / powdered sugar / confectioner’s sugar – 粉砂糖
  • muscovado/brown sugar – 黒砂糖
  • plain flour – 中力粉
  • self-raising flour – イギリスによくある特別な小麦粉。中力粉100gに対して、ベーキングパウダーを小さじ1杯入れることで自分で作ることがでます。
  • zest  – レモンやオレンジなどの果皮の下ろし

台所用品:

  • baking tray – 天板
  • cake tin / sandwich tin – ケーキ型
  • (electric) mixer – ハンドミキサー
  • parchment paper / baking paper – クッキングシート
  • rolling pin – 麺棒
  • sieve – 粉ふるい
  • scales – はかり
  • teaspoon / tsp – 小さじ
  • tablespoon / tbsp – 大さじ

 

語彙が増えたところで、イギリスのデザートを自分で作ってみませんか?簡単なレシピをいくつかご紹介します。

https://www.bbcgoodfood.com/recipes/grannys-victoria-sponge

https://www.bbcgoodfood.com/recipes/carrot-cake

https://www.bbcgoodfood.com/recipes/classic-scones-jam-clotted-cream – 日本でクロテッド・クリームが手に入らない場合は(スーパーでは売っている場合もあります)、スコーンにはホイップクリームやバターを使うとよいでしょう。

映画やテレビで英語を学ぶ

英会話スクールでネイティブ講師のレッスンを受講する、英語を学ぶ上でとても良い方法ですが、本当の上達を望むのであれば、週に1回のレッスンでは十分ではありません。本当に上達したいのであれば、レッスン以外の時間も勉強しなければなりません。

なぜ映画やテレビ番組を見ることが良い勉強法になるのか、その理由をいくつかご紹介します。

  • 自然な会話を聞くことができます

何かを言うタイミングを知ることは、何を言うべきかを知ることと同じくらい重要です。多くの場合、教科書では「何を」を教えてくれますが、映画を見ることで「いつ」を学ぶことができます。

  •  様々なアクセントや方言を聞くことができます

普段から耳にしているアクセントが、先生や言語交換相手のものしかない場合は、違う話し方をする人と話していても理解しづらいと感じるでしょう。映画の中で様々なアクセントや方言を聞くことで、誰とでも会話ができるように準備することができます。

  • 面白いと思ったものを見ながら英語を学ぶことができます

私たちは、勉強はつまらないと思っていることが多いです。自分が楽しんで見ている映画を使うことで、もっと勉強したい、もっと勉強したいというモチベーションを高めることができます。

  • リスニング力がアップします

英語を聞けば聞くほど、文法パターンや語彙を認識するのが早くなり、何が言われているのかを理解するのが早くなります。

そのため、実際に何かを学びたいのであれば、映画をどのように見るかが重要になってきます。ここでは、いくつかのヒントをご紹介します。

  • 映画は慎重に選ぶ

前述したように、自分が興味を持ち、学習意欲を高める映画を選ぶべきですが、自分のレベルに合った映画を選ぶことも大切です。自分が理解できる映画を見た方が、より多くのことを学ぶことができます(学習意欲も高まります)。全てを理解できる必要はありませんが、自分にとって非常に難しい映画を見ることは、やる気を失わせることになります。自分のレベルがかなり低い場合は、子供向けの映画やアニメを選びましょう。自分のスキルに自信がある人は、より複雑な映画を選びましょう。

  • 同じ映画を何度か見る

これは、映画を理解する(楽しむ)ための大きな助けになります。最初は母国語の字幕で、次に英語の字幕で、そして最後に字幕なしで見てみてください。事前にストーリーを知っていれば、英語だけで見るとより理解が深まります。

  • 手持ちのノートに覚えておきたい単語をメモしておく

単語やフレーズを聞いて「これを使いたい!」と思ったら、ノートに書き出してみましょう。英語字幕で見ているのであれば、正しいスペルと例文も教えてもらいましょう

  • わからない単語は飛ばしても大丈夫

わからない単語やフレーズは辞書を使って意味を調べてもいいのですが、全ての単語を調べる必要はありません! そうすると、2時間の映画がただちに4時間のマラソンになってしまうかもしれません。それでは楽しめませんよね!

  • 聞いたフレーズをいくつか繰り返してみましょう

単語やフレーズをノートに書き留めておいたら、その中のいくつかを繰り返して発音を改善してみましょう。映画の登場人物と同じイントネーションを使いましょう。

このように、映画を見ることは、レッスンの合間に自宅で英語の勉強をするのにとても良い方法です。ぜひ試してみてください。

ラグビー:とてもイギリスらしいスポーツ

This month, millions of people around the world have been watching the Rugby World Cup in Japan. The two final teams have now been decided; England will play South Africa in Yokohama on Saturday. It is the fourth time England have played in a Rugby World Cup final, but did you know that rugby was invented in England?

Rugby started in the town of Rugby, in Warwickshire, England. The first games of rugby were held at Rugby School in around 1845, and soon there were many teams playing in the Rugby Football Union. However, in 1895 rugby split into two sports – rugby league and rugby union. At first, the two sports were almost identical, but over time the rules in rugby league changed, and today rugby league and rugby union are quite different.

As well as having different rules, there are other differences between rugby union and rugby league. In the UK, rugby union is generally seen as an upper or middle class sport. Players are often very well educated. Many private schools have rugby teams. Rugby league, on the other hand, is often seen as a more working class sport.

This year’s Rugby World Cup uses the rugby union rules, but there is also a Rugby League World Cup. The last Rugby League World Cup was held in Australia, New Zealand and Papua New Guinea, and Australia were the champions.

Who will win the Japan Rugby World Cup on Saturday? At Connect, we’re keeping our fingers crossed for England, but may the best team win!

Glossary

identical (adj) – exactly the same

to keep one’s fingers crossed (idiom) – to wish or hope for something

日本語訳(自動)

今月に入り、世界中の何百万人もの人々が日本で開催されているラグビーワールドカップを観戦しています。この度、決勝の2チームが決定し、イングランドは土曜日に横浜で南アフリカと対戦することになりました。イングランドがラグビーワールドカップの決勝戦に出場するのは4回目ですが、ラグビーはイングランドで発明されたことをご存知でしょうか?

ラグビーはイングランドのウォリックシャー州にあるラグビーの町で始まった。1845年頃にラグビースクールでラグビーの最初の試合が行われ、すぐにラグビーフットボールユニオンに多くのチームが参加するようになりました。しかし、1895年にラグビーはラグビーリーグとラグビーユニオンの2つのスポーツに分裂しました。当初、この2つのスポーツはほとんど同じものでしたが、時が経つにつれてラグビーリーグのルールが変わり、現在ではラグビーリーグとラグビーユニオンは全く異なるものとなっています。

ルールが違うだけでなく、ラグビーユニオンとラグビーリーグには他にも違いがあります。英国では、ラグビーユニオンは一般的に上流階級または中流階級のスポーツとして見られています。選手は多くの場合、非常によく教育されています。多くの私立学校にはラグビーチームがあります。一方、ラグビーリーグは、より労働者階級のスポーツとして見られています。

今年のラグビーワールドカップではラグビーユニオンのルールが使われていますが、ラグビーリーグのワールドカップもあります。前回のラグビーリーグワールドカップはオーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアで開催され、オーストラリアが優勝しました。

土曜日に開催される日本ラグビーワールドカップは誰が優勝するのでしょうか?コネストでは、イングランドに指をくわえていますが、最高のチームが優勝しますように

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Bowling Party Photos

Group photo!

Thanks to everyone who joined our bowling party on Saturday! We went to Round 1 in Chikusa and played 3 games, chatted a lot and had lots of fun. The highest scorer in a single game was Maki with 170. The highest overall scorer was Kodai who scored an amazing 415 over the 3 games. Congratulations to both of you! After the bowling, we went out to Yamachan to enjoy some tasty Tebasaki. We hope you can join us at our future events!

Chatting
The Teams
Ben wins strike game

リバプール語学留学プログラム:かずみさんの感想

6月にイギリスのリバプールにあるイマジンイングリッシュが開催する1週間の語学留学プログラムに、コネクト英会話スクールからは3人の生徒様が参加致しました。
こちらは、かずみさんの感想です:

慌ただしくストレスフルな日々を乗り越え、色々と仕事のお願いをしてしまった同僚に多少の後ろめたさを感じつつ、無事リバプールへ旅立ちました。
リバプールと聞いて、知っているのはビートルズ・サッカー・港町と乏しい知識のみ。そんな状態でしっかりと情報収集しておらず、マンチェスター空港へ向かう飛行機の中では一週間と言う短い期間、何が待ち受けているのか不安な気持ちを抱えつつも楽しみで仕方ありませんでした。

今回のツアーをコーディネートしてくれたImagine EnglishのAmandaとTimはじめ、先生方に案内していただいた歴史建築でもあるSpeke Hall、海岸沿いに並ぶ彫刻作品群、歴史あるエンパイア劇場での演劇鑑賞など。それによりリバプールが歴史や文化、アートの都市だという事を初めて知りました。また昔から海外との交易が盛んなためか、国際色豊かな都市だと感じることも多かったです。
個人的にはクロスビービーチ一帯に広がるのアントニー・ゴームリー作品群とビートルズ所縁のCavern Club、以前少しの間滞在していた中世を面影を残すChesterが印象に残っています。

また、今回の滞在はホームステイで一般家庭にお世話になり、言いたいことはあるのに伝えられないコミュニケーションのもどかしさを感じて、もっとボキャブラリーと発音を勉強しないとと今後の目標もできた気がします。
リバプールと言う都市だけでなく、本場のアフタヌーンティーやサンデーローストなど食文化も満喫し、貴重な体験ができた一週間でした。

Talking About Football in English

It’s the FIFA World Cup, and people around the world are going football crazy. But do you know how to talk about football (or soccer, if you’re American) in English? Here are some useful words and phrases to help you talk about football.

player (n) – the general term for the people in the football teams.
My favourite football player is Messi. 

forward (n) – the players at the front of the team. They usually try to score goals.
Ronaldo is one of the best forwards in the world. 

midfielder (n) – the players in the middle of the team.
The midfielder passed the ball to the forward. 

defender (n) – the players at the back of the team. They try to protect the goal from the other team.
The Japanese defenders played really well – Colombia could only score one goal. 

goalkeeper (n) – the player protecting the goal. He can pick the ball up with his hands.
The goalkeeper caught the ball in his hands. 

referee (n) – the person who checks to see the teams are playing fairly. He has a whistle and some red and yellow cards.
The referee gave both players a yellow card. 

linesman (n) – these people stand at the side of the pitch and help the referee make decisions.
The linesman said that the throw-in should go to Mexico. 

pitch (n) – the grass rectangle where people play football.
The pitch was really wet after the rain. 

goal (n) – 1) the net that the team has to kick the ball into to score points
2) a point
1) The striker kicked the ball past the keeper and into the goal.
2) The striker scored a goal. 

nil (n) – zero. We use this when talking about the score of a match. For example, 3-0 is pronounced three – nil.
Panama lost to Belgium three – nil. 

foul (n) (v) – when somebody breaks the rules of the game, usually by hitting or obstructing another player.
James fouled the other player. The foul on the player was really bad. 

penalty (n) – a free kick at the goal from the penalty spot – the white spot on the pitch just in front of the goal. This is given when there is a foul inside the box.
Japan were given a penalty. Kagawa took the penalty and scored Japan’s first goal in the 2018 World Cup. 

box (n) – the rectangular area in front of the goal.
Messi scored from just outside the box. 

free kick (n) – if there is a foul, play stops and a player can kick the ball without being tackled.
Ronaldo’s free kick against Spain was amazing. 

spectators (n) / crowd (n) / supporters (n) – the people watching the game.
Japan scored and the crowd cheered.  

to tackle (v) – to take the ball from a player on the opposite team.
You shouldn’t tackle someone from behind. 

to pass (v) – to kick the ball to another player on your team.
Harry Kane passed the ball to Raheem Stirling. 

to shoot (v) – to kick the ball at the goal.
He shoots, he scores! 

to score (a goal) (v) – to score a point.
Messi scored from just outside the box. 

to save the ball (v) – to stop the ball going into the net. Usually the goalkeeper does this.
Pickford dived to his left and saved the ball.

to be sent off (v) – if a player commits a very bad foul, or they get two yellow cards, they are sent off. They have to leave the pitch for the rest of the game.
The Colombian player was sent off in the first three minutes. 

We hope these words were useful. Why don’t you try using them to talk about the last football game you watched?

 

メニュー