ブログ

コネクト英会話で夢を叶える

「Do you speak English?」コメダ珈琲店にいたとき隣の席からこう声がかかった。これが、製造業及びトヨタ生産方式 (Toyota Production System) の専門家である武内登氏を知るきっかけとなったのです。その数年後、武内氏執筆『トヨタ生産方式の旅』の英語版制作を手伝うことになろうとは、夢にも思いませんでした。これがきっかけで、その後何年もかけてTPSのコンセプトを学び、様々な文献に目を通すようになりました。武内さんは、TPSの初心者にもわかりやすいように、現役時代の経験をもとに、TPSを自身や他の経験者の目を通して小説風に説明するという、ユニークな手法で解説しています。

ついに今年、武内さんの最後の人生の目標が、苦労の末遂に完成したのです。武内さんのこの執筆という旅路のお手伝いができたこと、私が全く知らなかった分野のスペシャリストから学ぶ機会を得たことは、私にとっても大きな喜びとなりました。私が理解しようとした彼の話の内容、そして彼が第二言語で説明しようとした話の内容に関して、より的確な解釈ができる人たちがきっといたと思います。もしかしたら、この過程を通して私たちは白毛が生えてしまうくらい疲弊してしまったかもしれません。しかしこの過程を通し、彼は自身の英語力を強化し、将来コンサルタント業務やこの本のプロモーションで、英語で人に説明する際に必要な英語力を伸ばすことができたと思います。そんなこんなで数週間前に彼に会うことができたのですが、その際に彼が血と汗と涙を注いで作った本をプレゼントしてくれたのは、とても嬉しかったです。また、自分の名前が製造業についての本に乗ると思わなかったので、自分の名前を見てとても不思議な気持ちになりました。このプロジェクトは、語学学習を通して、生徒の人生をより豊かにし、大小さまざまな夢を叶えようとするコネクトスクールらしさを凝縮していると思います。

皆さんもこれと似たような経験があるかもしれませんし、旅行先で英語を話す外国人、お客さん、ウェイターと英語で接し、よりよい旅行体験をしたい思うかもしれませんね。2023年、そのための一歩を踏み出してみませんか?

今すぐ無料体験レッスンにぜひお申し込みください! プライベートレッスンプランでは、あなたの目標に合わせたオリジナルのレッスンが受講可能です! まずは体験レッスンとカウンセリングを申し込んでみてはいかがでしょうか?

“Do you speak English?” a voice boomed out from the seat next to me at Komeda’s coffee shop. This would be the start of getting to know Takeuchi Noboru, a specialist in manufacturing and the Toyota Production System. Little did I know that a few years later I would be helping him get the English version of his book “The Toyota Production System Journey” prepared. This would be the start of my learning the various ins and outs of TPS concepts over the years to follow, and reading through various documents. In his book, Takeuchi-san explains TPS in the style of a novel, through the eyes of himself and other practitioners over his working life experience in a simple way that is understandable for beginners to TPS. 

Finally, this year Takeuchi-san’s final life goal was completed after a lot of hard work and persistence! And it also gave me a great deal of pleasure to have helped him on this journey and to have had the opportunity to learn from a specialist in a field I had known nothing about. I don’t hesitate to add that there are very likely to have been teachers out there who may have had a better grasp of the concepts I grappled to understand as he grappled to explain them in his second language. Perhaps we both grew a few more grey hairs through the process? But, through this process, I believe he strengthened his English ability, giving him important practice for future situations where he might need to explain it to others through his consultancy work and as he promotes this book. So, I was glad when we recently met that I could be presented with the book he had poured blood, sweat and tears over! It was also a strange feeling to see my name included in the preface of this book as I had never imagined being accredited in any book let alone one about manufacturing! I believe this project encapsulates what Connect School is about, as we seek to enhance our students’ lives and fulfil their dreams – however big or small – through language study.

You too may have a project like this you need support with. Or, perhaps you simply wish to enhance your experience as you travel and connect with English-speaking foreigners, clients or waiters! Why not take one step towards fulfilling your dream in 2023?

Sign up now for a free trial lesson here! Our private lesson plan can be tailor-made to fit your goals! Why not sign up for a trial lesson and consultation? 

Vocabulary

  • boom out (v) – with a loud, deep sound – とどろく
  • ins and outs (idiom) – details – 詳細
  • practitioner (n) – people who do a certain activity – 実践者
  • grapple (v) – struggle, make a lot of effort – 苦労して何かをしようとする
  • blood, sweat and tears (idiom) – extreme effort – 血と汗と涙を伴うような苦労

2022年のコネクトクリスマスパーティー

イベント

先週末、Chikusa Grillで2022年のクリスマスパーティーを開催しました。英語学校と日本語学校の生徒と先生が参加して、パンデミック開始以来初めてのイベントとなりました。おいしい料理を食べながら、みんなで楽しくおしゃべりをし、伝統的なクリスマスキャロルも歌いました。

このような素晴らしいイベントを開催することができ、ありがとうございました。また来年も開催しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Last weekend, we hosted our 2022 Christmas Party at Chikusa Grill. Students and teachers from both our English and Japanese schools joined us for our first event since the beginning of the pandemic. We enjoyed talking together, eating good food, and singing some traditional Christmas carols too!

Thank you to everyone who came and made it such a great event! If you would like to join us for future events, please look out for more information next year!

ハロウィーンのおかしさ

風が吹き、建物が軋み、子どもたちが笑う…そんな暗く不気味な1週間でした。

コネクトのハロウィーンパーティーには、3つの目を持つ猫の女の子、悪魔の手下、「千と千尋の神隠し」や「進撃の巨人」のキャラクター、さらにはホグワーツからやってきた魔法使いなど、いつもとは違う、そしてとてもクリエイティブなキャラクターたちが集まりました(保護者の方々に盛大な拍手!)。ハロウィンをテーマにした椅子取りゲームや歌、ダンス、コウモリのランタンなどのペーパークラフト、不気味な絵本の読み聞かせ、そしてもちろん甘いお菓子も食べました! この一週間は、楽しくて、エキサイティングで、ショッキングな出来事も少なかったようです。保護者の方々も一緒になって楽しんでいました。

最近、日本でもハロウィンの人気が高まり、渋谷や道頓堀、栄などの繁華街では、お気に入りのホラー映画やアニメのキャラクターに仮装した人たちをよく見かけるようになりました。しかし、この珍しいお祭りはもともとどこから来て、なぜ祝われるようになったのでしょうか。意外なことに、このお祭りは何百年も前に宗教的なお祭りとして始まり、ヨーロッパのキリスト教徒が死者を偲び、敬意を表すために集まる日だったのです。やがて、移民によってアメリカに伝わり、世界中に広まりました。現在では、カボチャの彫刻、トリック・オア・トリート、アップル・ボビング、ホラー映画の鑑賞など、さまざまなアクティビティが人気です。しかし、一部のキリスト教徒は、教会の礼拝に出席し、死者の墓にろうそくを灯し、肉食を控えるなど、本来の伝統的な行事を今でも実践しています。

It was a dark and spooky week at Connect, the wind was howling, the building was creaking and the children were… laughing?! 

Among the unusual and very creative characters (well done parents!) at the Connect Halloween party was a cat girl with 3 eyes, a demon minion, characters from ‘Spirited Away’ and ‘Attack on Titan’ and even a wizard all the way from Hogwarts! We had Halloween themed games such as musical chairs, songs and dances, paper crafts such as a bat lantern, read spooky stories, and of course ate some sweet treats! There was fun, excitement, and only a few shocks throughout the week. Even some of the parents tried to join in on the action! 

Recently Halloween has become more popular in Japan and you will often see crowds packed out in busy areas such as Shibuya, Dotonbori or Sakae dressed up as their favourite horror movie or anime character. But where did this unusual festival originally come from and why was it celebrated? Surprisingly it began as a religious festival hundreds of years ago, as a day where Christians in Europe would gather to remember and honour the dead. Eventually it was spread by immigrants to America and then around the world. Over the years the festival has changed and popular activities now include carving pumpkins, trick-or-treating, apple bobbing, watching horror movies and more. However some Christians today still practice the original traditions, such as attending church services, lighting candles on the graves of the dead and abstaining from eating meat. 

イマージョン学習 Pt.2 : イマージョン学習の5つのコツ

イマージョン学習の5つのコツ



前回のブログでは、イマージョン学習とは何か、そしてなぜイマージョン学習が英語学習に最適な方法なのかをご紹介しました。

今回は、イマージョン学習の旅を始める、そして続けるためのコツをご紹介します

1. 楽しむこと。

英語学習のモチベーションを維持するための秘訣です。教科書で文法を勉強したり、長い単語リストを復習したりすることに時間を費やしていると、すぐに興味を失い、諦めてしまうかもしれません。しかし、お気に入りのテレビ番組やYoutubeチャンネル、ポッドキャスト、本など、すでに楽しんでいるメディアを選べば、毎日の学習が楽しみになり、「勉強」していることにさえ気づかなくなるはずです。

2. 自分のレベルに合ったメディアを選ぶ

自信さえあれば、お気に入りの英語のメディアをすぐにでも使い始めることができると思いますが、まだその自信がないのであれば、もう少し簡単なものから始めるとよいと思います。子供向けの英語メディアでもいいですが、退屈だと感じるのであれば、大人にとっても興味深い英語学習者向けのリソースが何百とあります。例えば、絵付きの本「Graded Readers」、簡単な会話のポッドキャスト、実生活のシチュエーションのYoutubeビデオなどがあります。可能であれば自分の言語レベルより少し高いメディアを選ぶことで、常に向上心を持ち続けることができます。

3. 英語しか使わない

テレビ番組や映画を見ていると、日本語の音声や字幕を使いたくなることがあると思いますが、これでは英語の上達がかなり遅くなってしまいます。なぜなら脳が日本語にだけ注目し、英語を無視してしまうからです。一番良い方法は、英語の字幕と音声を同時に使うことで、リスニングとリーディングの両方の能力を鍛えることができます。最初は何もわからなくて不快に思うかもしれませんが、1回見るごとに、1冊読むごとに、少しずつ簡単になっていき、最終的には簡単にストーリーを追うことができるようになります。

4. すべてを理解しようとしない

完璧主義な人は、人が言っていることを完全に理解しようとし、新しい単語や文法を見つけるたびに立ち止まって意味を確かめたくなるかもしれません。しかしこれはイマージョン学習を遅らせることになり、イマージョン学習の醍醐味を奪うことになります。それよりも、新しい単語や文法を何度も耳にしたときだけ、その意味を確認するようにしましょう。そうすれば、よく使われる英単語だけを覚えればよく、その分ストーリーを楽しむことに集中できます。また、辞書や教科書で意味を確認しなくても、時間が経つにつれて自然に新しい単語やフレーズをたくさん覚えることができるようにできます。

5. 復習に暗記カードを使う

英語を見たり、聞いたり、読んだりしながら、よく耳にする新しい単語やフレーズをメモしておきます。そして、表が日本語、裏が英訳の暗記カードを作りましょう。紙に書いてもいいですし、MemriseやAnkiなどの暗記アプリを使ってもいいでしょう。絵や音声を加えて暗記の手助けをすることもできます。毎日数枚のカードを学習し、難しい単語には特に時間をかけてください。そうすることで、新しい単語やフレーズを長期的に記憶することができ、次回の英語メディアの理解も容易になります。

5 Tips for Immersion Learning

In our previous blog post, we looked at what immersion learning is and why it can be a great way to study English. In this blog post, we’ll give you some tips to get you started (and to keep you going) on your immersion learning journey! 

1. Have fun!

This is the key to staying motivated to learn English. If you spend all your time studying grammar from textbooks and revising long lists of vocabulary, you will lose interest quickly and possibly even give up. However, if you choose media you already enjoy, for example your favourite TV show, Youtube channel, podcast, or book, you will look forward to learning every day, and won’t even realise you are ‘studying’! 

2. Choose media at your level

If you feel confident, you can start using your favourite media in English straightaway, but if you don’t feel ready for that, you may want to start with something a little easier. This could be English media for children, but if that sounds boring there are hundreds of resources for English learners that are still interesting for adults, such as: graded readers with pictures, podcasts of simple conversations, and Youtube videos of real-life situations. Ideally, you should choose media that is a little higher than your language level, so you are constantly improving.

3. Only use English

It can be tempting to use Japanese audio or subtitles while watching a TV show or film, but this will make your English learning progress much slower. This is because your brain will simply pay attention to the Japanese and ignore the English. The best method is to use English subtitles and audio at the same time, as this will train both your listening and reading skills. It may be frustrating at first to not understand everything, but each episode you watch or book you read will get a little easier until eventually you can follow the story easily. 

4. Don’t try to understand everything

If you’re a perfectionist, you may want to stop and check the meaning of every new word or grammar you find, to fully understand what people are saying. This is fine if you know most of the words already, but can also make immersion learning really slow and take the fun out of it. Instead, try to only check the meaning of a new word or grammar if you hear it many times. This way, you only need to learn the most common English words, and can focus on enjoying the story instead. Over time you will also pick up lots of new words and phrases naturally, without needing to check your dictionary or textbook for the meaning. 

5. Use flashcards for revision

As you watch, listen or read English, note down any new words or phrases that you hear frequently. Then create flashcards with the Japanese word or sentence on the front and English translation on the back. You can either write them on paper or use flashcard apps such as Memrise or Anki. You could also add pictures or audio to help with memorisation. Make sure to study a few cards every day, and spend extra time on the difficult ones. This will help to keep any new words or phrases in your long-term memory and also make understanding English media easier the next time. 

Vocabulary:

Graded reader – グレーデッドリーダー(英語学習者を対象とした、文法・語彙を制限して書かれた段階別読み物)

Podcasts – ポッドキャスト

Flashcards – フラッシュカード

Memorisation – 暗記

Long-term memory – 長期記憶

Reference: https://refold.la/

イマージョン学習 Pt.1 : イマージョン学習とは?

イマージョン学習とは?

英語の学習方法には、大きく分けて「スキルビルディング」アプローチと「アクイジション(習得)」アプローチの2つがあります。

「スキルビルディング」アプローチは、レンガの壁を作るようなものだと捉えてみてください。個々の単語や文法を学び(レンガ)、それらを組み合わせて理解できる文章を作ります(壁)。

この方法は、初心者や長期休暇を利用して短期間で言語を習得したい場合には最適ですが、流暢に話せるようになりたい中級者や上級者にとってはあまり有効な方法ではありません。流暢に話すためには、複雑な文章を組み立てたり、完璧な文法を話そうと神経を使う時間はなく、正しい単語がすぐに頭に思い浮かぶ必要があります。ご自身の母語に当てはめて考えてみてください。おそらく日本語の様々な文法規則やイントネーションについて知らないし、考えたこともないのではないでしょうか。その代わり、何年にも渡って日常会話から言語を習得し、何を考えているか自然と口にしていると思います。このことを言語習得と呼んでいます。

日本語を習得したのと同じように、英語も、できるだけ多くの英語を聞き、読み、見ることによって習得することができます。これを「イマージョン・ラーニング」と呼びます。ネイティブの英語をたくさん聴いたり読んだりすることで、不自然に聞こえる文章を「作る」必要がなくなり、無意識のうちにスピーキングやライティングのスキルも向上します。流暢に話せるようになるには長い時間がかかりますが、やり方によってはイマージョン・ラーニングは楽しくできるものなので、諦めずに頑張りましょう!次第にご自身の努力が目に見えてくるはずです。

イマージョン学習を通して英語を学ぶことについてもっと知りたい方は、次回のブログ記事で、イマージョン学習をうまくやるための5つのコツをお伝えしますのでお楽しみに!

What is Immersion learning?

There are two main ways of learning English: the ‘skill-building’ approach and the ‘acquisition’ approach. 

You can imagine the ‘skill-building’ approach as building a brick wall. Students learn individual words and grammar (the bricks) which they combine to create understandable sentences (the wall). 

This is a great method if you are a beginner or need to learn a language quickly, for example going on holiday, but is not so useful for intermediate or advanced students who want to become fluent. To speak fluently, you don’t have time to build complex sentences or worry about perfect grammar, you need the right words to come into your head quickly. Think about your native language; you probably don’t know or even consider the various grammar rules or intonation of Japanese. Instead, you picked up the language from daily life over many years, and now just say what you are thinking naturally. We call this language acquisition.

You can acquire English in exactly the same way as you acquired Japanese; by listening, reading and watching as much English as possible. This is called Immersion Learning. By listening to or reading lots of native English, you will also unconsciously improve your speaking and writing skills, without needing to ‘build’ sentences that sound awkward or unnatural. Becoming fluent takes a long time, but with immersion learning it can also be fun, so don’t give up and you will start to see the results of your hard work! 

Vocabulary:

Fluent流暢な 

Language Acquisition言語習得

Intonationイントネーション

Immersion Learningイマージョン学習

Unconsciously無意識に

If you’d like to know more about how to use immersion learning to study English, look forward to our next blog post where we’ll give you five tips on how to do it well.

Reference: https://refold.la/

IELTSの心得 : 好スタートを切るには

世界各国は、パンデミックの後、徐々に観光客や学生に再び受け緩和を始め、さらには多くの学校や大学が留学生を再び受け入れ始めています。イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダへの留学を考えている方は、今がIELTSの試験勉強を始める絶好のチャンスですよ。

IELTSはTOEICのような英語能力テストですが、特にイギリスやその他のイギリス連邦諸国への留学や居住を希望する人を対象としています。このテストは、英語で大学生活を送るために必要なスキルに焦点を当てており、これらの国のほとんどの大学は、英語を母国語としない人が入学する前にIELTSのスコアを取得することを必須としています。

IELTSのテストは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートに分かれています。各パートは0~9のスコアで採点され、最後に全体の平均点が出されます。大学への入学には6~7点程度が必要とされることが多いですが、海外の大学への出願を考えている場合は、入学条件を確認しておくとよいでしょう。

IELTSの受験を考えている方は、受験前にいくつかのポイントをチェックしておきましょう。

  • 時間に余裕を持つ
    IELTSで良いスコアを取るのは難しく、多くの準備が必要です。現在のレベルにもよりますが、十分な準備期間を確保することが必要です。最低でも4~6ヶ月の準備期間を設けることをお勧めしますが、ご自身の能力によってはもっと時間が必要な場合もあります。
  • 毎日コツコツと勉強する
    本当に良いスコアを取りたいのであれば、テストに真剣に取り組み、毎日勉強する必要があります。必ずしもIELTSのテキストを使い続ける必要はありません。英語の小説や記事を読んだり、ポッドキャストやテレビ番組を聴いたりすることも、リーディングとリスニングの勉強法として有効です。
  • 早めにテストを受ける
    受験準備の早い段階で模擬テストを受け、自分の現在の実力や得意・不得意分野を把握し、残りの準備期間をどのように過ごせばよいかを考えておくとよいでしょう。
  • IELTSの先生を探す
    IELTSで良いスコアを取るには、語学力だけでなく、それぞれの質問に最適な戦略で答えることができるかどうかが大きく関わってきます。特にライティングとスピーキングにおいて、これらの戦略を教えてくれ、間違いを正してくれる知識豊富な講師を持つことは、テスト対策に欠かせません。さらに、準備期間中にあなたを指導し、軌道修正できる人がいれば、準備期間を最大限に活用することができます。オーダーメイドのIELTSコースについては、こちらでご確認ください。

IELTSの受験をお考えですか?以下のリンクから、コネクトの無料体験レッスンに申し込んでみませんか?

Countries around the world are slowly opening up to tourists and students again after the pandemic, and more schools and universities are beginning to accept international students again. If you’re planning on studying in the UK, Australia, New Zealand or Canada, now is a great time to start studying for the IELTS test!

IELTS is an English proficiency test like TOEIC, but is specifically targeted towards people wanting to study or live in the UK or other British Commonwealth countries. The academic test focuses on the skills required for studying at university in English, and most universities in these countries require non-native English speakers to have an IELTS score before they can enrol.

There are four parts to the IELTS test: listening, reading, writing and speaking. Each part is scored using a scale of 0-9, with an average overall score given at the end. Universities often require a score of around 6 or 7 to enter, but if you are thinking of applying to a university overseas then you should check the entry requirements with them.

If you’re thinking of taking the IELTS test, here are a few tips before you get started:

  • Give yourself plenty of time
    Getting a good score on IELTS is difficult, and requires a lot of preparation. Depending on your current level, you will need to make sure you have enough time to prepare. We recommend a minimum of 4-6 months to prepare, but you may need more or less time depending on your ability.
  • Commit to studying every day
    If you really want to get a good score, you must take the test seriously and study every day. This doesn’t necessarily have to be from an IELTS textbook all the time – spending some of your time reading English novels or articles, and listening to podcasts or TV shows are also helpful ways to study for the reading and listening parts of the test.
  • Take a test early
    It’s a good idea to take a practice test early in your preparation to get an idea of what your current ability is, what your strengths and weaknesses are, and how to spend the rest of your preparation time.
  • Find an IELTS teacher
    A great deal of getting a good score in IELTS depends on not only your language ability, but on using the best strategy for answering each kind of question. Having a knowledgeable teacher who can teach you these strategies and correct your mistakes – especially in the writing and speaking parts of the test – is essential for your test preparation. Moreover, having someone who can guide you through your preparation and keep you on track will ensure that you are getting the most out of your preparation time. You can find out about our tailor-made IELTS courses here.

Are you thinking of taking the IELTS test? Why not sign up for a free trial lesson here at Connect using the link below?

日本人がよく間違える英語:「Claim」

こちらも時々耳にする文章です

I had a lot of claims from customers today.

あるいは

The linen in my hotel room was dirty so I claimed to the front desk.

もしかしたら、あなた自身もこんなことを言ったことがあるかもしれませんね。一見、問題なさそうですが、問題があります。日本語では、このような文脈で「クレーム」という言葉がよく使われます。問題は、和製英語である「クレーム」と英語の「claim」は同じ意味ではないことです。

英語では、「claim」は日本語の「請求」や「主張」に近い意味を持っています。例えば、次のように言うことができます。

The victim claimed $50,000 in compensation.
被害者は5万ドルの賠償金を請求した。

あるいは

The suspect claimed to be innocent.
容疑者は無実を主張した。

しかし、最初の2つの例文では、”claim“を使うことはできません。ここでは、代わりに “complaint” または”complain” という単語を使う必要があります。

complaint は名詞形です。

I had a lot of complaints from customers today.
今日もお客様からたくさんのクレームがありました。

complain は動詞です。

The linen in my hotel room was dirty so I complained to the front desk.
ホテルの部屋のリネンが汚れていたので、フロントにクレームをつけた。

といった具合です。覚えておいてください:

クレーム=complain

もし、私の説明がわかりにくかったら、次回お会いしたときにでも、遠慮なくクレームを言ってください!

このブログ記事は、日本人が犯しやすい英語の間違いを紹介するシリーズの一部です。このシリーズの他のブログ記事はこちらをご覧ください。

Here’s another sentence that I sometimes hear:

I had a lot of claims from customers today.

Or,

The linen in my hotel room was dirty so I claimed to the front desk.

Maybe you’ve said something like this yourself. It might seem ok at first glance, but there is a problem. In Japanese, people often use the word クレーム in these kinds of contexts. The problem is, the Japanese English word クレーム and the English word claim don’t mean the same thing.

In English, claim has a similar meaning to demand or insist. For example, we could say,

The victim claimed $50,000 in compensation.
被害者は5万ドルの賠償金を請求した。

Or

The suspect claimed to be innocent.
容疑者は無実を主張した。

We cannot, however, use claim in the first two example sentences. Here, we need to use the word complaint or complain instead.

Complaint is the noun form of the word:

I had a lot of complaints from customers today.
今日もお客様からたくさんのクレームがありました。

Complain is the verb:

The linen in my hotel room was dirty so I complained to the front desk.
ホテルの部屋のリネンが汚れていたので、フロントにクレームをつけた。

I hope that clears things up for you. Remember,

クレーム = complain

And if you think my explanation was too confusing, feel free to complain the next time we meet!

This blog is part of a series on common English mistakes that Japanese people make. Click here to view the other blog posts in the series.

イギリス女王エリザベス2世のプラチナ・ジュビリー

イギリス英語、エリザベス女王、おいしい紅茶が好きな人、イギリスの大学への留学やイギリスでの生活を目指してIELTSを受験している人、みなさんにお知らせです。2月6日、エリザベス女王は在位70年を迎えました。英国史上最も長く君主を務めることになり、6月2日から5日にかけて、世界中の英国人、英連邦諸国の国民がこのプラチナジュビリーを祝います。日本でも女王と英国文化は愛されており、毎年多くの日本人がバッキンガム宮殿を訪れ、ハロッズで買い物をしたり、英国英語のレッスンを受けたりしています。

ジュビリー祭では何が行われるのでしょうか?

  • 各英連邦加盟国の首都でジュビリービーコンが点灯されます。
  • 記念切手や記念コインが作られます。
  • 6月3日にセント・ポール大聖堂で女王の治世に感謝する礼拝が行われます。
  • 6月4日、バッキンガム宮殿で大規模なコンサートが行われ、テレビで放映される予定です。
  • 6月5日には、大道芸、演劇、音楽、カーニバルなど、英国および英連邦の人々が参加する野外劇が開催される。この野外劇では、子供たちが描いた希望の絵が描かれた200枚のシルクの旗を並べ、希望の川を表現しながら、トラファルガー広場からバッキンガム宮殿までの「ザ・マル」という通りをパレードする予定です。
  • 6月5日のジュビリーランチでは、地域のつながりを深めるために、近隣の人々が集まり、食べ物や飲み物、楽しいアクティビティでお祝いをします。

 

単語集

狼煙 Beacons

英連邦国家 commonwealth nation

カーニバル carnival

野外劇 pageant

Attention everyone out there everyone who loves British English, the Queen, a nice cup of tea, or is taking the IELTS test in the hope of studying at a British university or living in the UK! February 6th marked 70 years on the throne for Queen Elizabeth. This means she will be the longest serving monarch in British history and so British people and commonwealth country citizens across the world will be marking this Platinum anniversary between the 2nd and 5th June. The Queen and British culture are also particularly loved in Japan which is why so many Japanese people travel to London each year to visit Buckingham palace, go shopping in Harrods, or demand British English lessons.

What will happen to mark this occasion?

  • Jubilee beacons will be lit across the capital cities of each commonwealth nation
  • Commemorative stamps and coins have been produced to mark the occasion
  • There will be a thanksgiving service for the Queen’s reign on June 3rd at St Paul’s cathedral
  • On June 4th there will be a big concert at Buckingham palace broadcasted on tv.
  • On June 5th there will be a pageant attended by people from across the UK and Commonwealth with street arts, theater, music, and carnival. This pageant will also include a parade across the Mall though an array of 200 silk flags decorated with images of hope drawn by children to represent a river of hope.
  • There will be street parties across the UK with bunting hanging up and neighbours gathering to celebrate with food, drink and fun activities culminating with a big Jubilee lunch together on June 5th to build community connections.

 

Glossary

beacons 狼煙

commonwealth nation 英連邦国家

carnival カーニバル

pageant 野外劇

the Mall 「ザ・マル」:ロンドンにあるトラファルガー広場からバッキンガム宮殿までの通り

bunting フラッグガーランド

日本人がよく間違える英語:「Play」

以前、生徒に週末に何をしたのか聞いたところ、こんなことを言われたことがあります。

“I played with my friends.”

I played with my friends. おそらく、この文章はあなたにとって普通に思えるでしょう。文法的には問題ありません。生徒が言いたいことは理解できました。日本語では、おそらく生徒が言いたかったのは、「友達と遊んだ」であり、その日本語文の訳としては、「I played with my friends」が良いように思います。

しかし、問題があります。

その問題とは、相手は子供ではなく大人であり、大人が「play」するというのは少しおかしいということです。もちろん、例外はあります。多くの大人がスポーツをしている(play sports)。多くの大人が(私も含めて)ビデオゲームをする(play video games)。ピアノなどを弾く(play the piano) というもいます。 だから、ゲームやスポーツ、音楽といったものに、playという言葉を使っても問題ありません。しかし、スポーツや他のゲームに関係なく、playという言葉だけを使うと、少し子供っぽく聞こえます。

では、友達と遊ぶのは子供だけだとしたら、大人としてはどう言えばいいのでしょうか。この文章をより自然なものにする一つの方法は、何をしたかをもっと具体的に言うことです。例えば、I went out to eat、や、 I went to the cinema、などと言えます。

もっと普通に話したい場合は、I hung out with my friends、またはI spent time with my friendsとも言えます。

ですから、ゲームやスポーツ、楽器をやっていたのでなければ、今度誰かに何をやっていたかを話すときは、「大人はplayしない」ということを思い出してください。

このブログ記事は、日本人が犯しやすい英語の間違いを紹介するシリーズの一部です。このシリーズの他のブログ記事はこちらをご覧ください。

I once asked my student what they had done over the weekend and they said this:

“I played with my friends.”

I played with my friends. Perhaps this sentence seems normal to you. Grammatically, the sentence is fine. I understood what my student wanted to say.

In Japanese, perhaps my student wanted to say, 友達と遊んだ, and I played with my friends seems like a good translation of that Japanese sentence.

However, there is a problem.

The problem is that the person I was speaking to was an adult –  not a child –  and it’s a little strange for an adult to play.

Of course, there are exceptions. Many adults play sports. A lot of adults (including myself) play video games. Some play the piano, for example. So, using the word play with such things as games, sports or music is okay. However, if I use the word play by itself, without any reference to sports or other games, it sounds a little childish.

 

So if only children play with their friends, what can we say as adults?

One way we could make this sentence more natural is to be more specific about what we did. For example, we could say, I went out to eat, or, I went to the cinema, or something similar.

If we want to speak more generally, we could say I hung out with my friends, or, I spent time with my friends.

So, unless you’ve been playing some kind of game or sport, or a musical instrument, next time you tell someone what you’ve been doing, remember – adults don’t play!

This blog is part of a series on common English mistakes that Japanese people make. Click here to view the other blog posts in the series.

イチゴの一粒が5万円だと?!

中級, 文化

イギリスのテレビ番組のYouTube動画を紹介します。映像では、イギリスのシェフでテレビ司会者のポール・ハリウッドさんが、日本のイチゴ農園を訪れて大きな衝撃を受けます。高級な日本のイチゴに対する彼の反応は、こちらでご覧ください。

日本のすべてのフルーツが、ハリウッドさんが見たイチゴのように高価なわけではありませんが、このビデオは、日本の人々と比べて、英国の人々がフルーツに対していかに異なる考えを持っているかを示しています。イギリスでは、果物が贅沢品として見られることはほとんどなく、贈り物として贈られることもほとんどありません。どちらかというと、安くてヘルシーなおやつ、あるいはお菓子作りやスムージー作りに使われるものとして捉えられているようです。そのため、イギリスでは果物が日本より安く手に入ります。イギリスのスーパーでは、リンゴ6個入りの袋が70ペンス(113円)ほどで買えます。イギリスのスーパーマーケットチェーン「テスコ」では、最も高価なリンゴ6個入りの袋でも2.80ポンド(451円)で済みます。イチゴにいたっては、テスコで227gのパネット(約10粒)が1.50ポンドから2.50ポンド(約245円から402円)です。

これで、ハリウッドさんがビデオの中の低価格のイチゴにさえ驚いている理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

いかがでしょうか?日本の果物は高すぎるのか、それとも値段に見合うだけの価値があるのか。

 

以下、ビデオに登場した単語やフレーズを紹介します。

punnet (n) – 果物や野菜を入れる小さなかごや箱。

a bit of an extravagance – 少し贅沢な

mega money – 非常に高価

without a shadow of a doubt – (これは)間違いなく真実である。

Here’s a YouTube video from a British TV show. In the video, British chef and TV host Paul Hollywood gets a big shock when he visits a strawberry farm in Japan. Take a look at his reaction to luxury Japanese strawberries here:

Not all fruit in Japan is as expensive as the strawberries seen by Mr Hollywood, but the video shows just how differently people in the UK think about fruit when compared to people in Japan. Fruit in the UK is rarely seen as a luxury, and is almost never given as a gift. It is more often seen as a cheap, healthy snack, or maybe something used for baking or making smoothies. As a result, fruit is usually much cheaper in the UK than in Japan. You can buy a bag of six apples at a supermarket in the UK for as little as 70 pence (¥113 at the time of writing). Even the most expensive bag of six apples at the British supermarket chain Tesco will only cost you £2.80 (¥451). As for strawberries, a 227g punnet (about 10 strawberries) at Tesco ranges from £1.50 to £2.50 (¥245 to ¥402).

Perhaps now you can understand why Mr Hollywood is so surprised at even the lower-priced strawberries in the video.

What do you think? Is fruit in Japan too expensive, or is it worth the price?

 

Here are some words and phrases from the video:

punnet (n) – a small basket or box used for fruit or vegetables

a bit of an extravagance – an expensive purchase

mega money – very expensive

without a shadow of a doubt – (this is) definitely true