IELTSの心得 : 好スタートを切るには

世界各国は、パンデミックの後、徐々に観光客や学生に再び受け緩和を始め、さらには多くの学校や大学が留学生を再び受け入れ始めています。イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダへの留学を考えている方は、今がIELTSの試験勉強を始める絶好のチャンスですよ。

IELTSはTOEICのような英語能力テストですが、特にイギリスやその他のイギリス連邦諸国への留学や居住を希望する人を対象としています。このテストは、英語で大学生活を送るために必要なスキルに焦点を当てており、これらの国のほとんどの大学は、英語を母国語としない人が入学する前にIELTSのスコアを取得することを必須としています。

IELTSのテストは、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートに分かれています。各パートは0~9のスコアで採点され、最後に全体の平均点が出されます。大学への入学には6~7点程度が必要とされることが多いですが、海外の大学への出願を考えている場合は、入学条件を確認しておくとよいでしょう。

IELTSの受験を考えている方は、受験前にいくつかのポイントをチェックしておきましょう。

  • 時間に余裕を持つ
    IELTSで良いスコアを取るのは難しく、多くの準備が必要です。現在のレベルにもよりますが、十分な準備期間を確保することが必要です。最低でも4~6ヶ月の準備期間を設けることをお勧めしますが、ご自身の能力によってはもっと時間が必要な場合もあります。
  • 毎日コツコツと勉強する
    本当に良いスコアを取りたいのであれば、テストに真剣に取り組み、毎日勉強する必要があります。必ずしもIELTSのテキストを使い続ける必要はありません。英語の小説や記事を読んだり、ポッドキャストやテレビ番組を聴いたりすることも、リーディングとリスニングの勉強法として有効です。
  • 早めにテストを受ける
    受験準備の早い段階で模擬テストを受け、自分の現在の実力や得意・不得意分野を把握し、残りの準備期間をどのように過ごせばよいかを考えておくとよいでしょう。
  • IELTSの先生を探す
    IELTSで良いスコアを取るには、語学力だけでなく、それぞれの質問に最適な戦略で答えることができるかどうかが大きく関わってきます。特にライティングとスピーキングにおいて、これらの戦略を教えてくれ、間違いを正してくれる知識豊富な講師を持つことは、テスト対策に欠かせません。さらに、準備期間中にあなたを指導し、軌道修正できる人がいれば、準備期間を最大限に活用することができます。オーダーメイドのIELTSコースについては、こちらでご確認ください。

IELTSの受験をお考えですか?以下のリンクから、コネクトの無料体験レッスンに申し込んでみませんか?